ハイヤー運転手になるには?仕事の魅力や年収、就業の流れを紹介

一般的なタクシー運転手と比べてワンランク上のサービスをしたいと考えているなら、ハイヤー運転手を目指すのも選択肢のひとつです。VIPを送迎する仕事なので、スキルアップにもおすすめです。 今回は、ハイヤー運転手になるために必要な資格や就業の手順、おすすめの会社を紹介します。

ハイヤー運転手になるには?必要な資格

ハイヤー運転手になるには、タクシー運転手と同様に、普通自動車二種免許の取得が必要です。ハイヤーもタクシーと同じで、お客様を乗せて目的地まで運ぶ仕事なのは変わりません。

しかし、完全予約制のハイヤーはお抱え運転手に近い役割があり、タクシー運転手以上にレベルの高い運転技術や地理に関する知識が求められるのが一般的です。また、サービス面でもハイクラスなお客様対応が要求されます。

ハイヤー運転手は、お客様に目的地までの快適な移動時間を提供する仕事だといえます。

ハイヤー運転手になるにはタクシー運転手から!

ハイヤー運転手はVIPを対象とする仕事なだけに、誰でもすぐになれるわけではありません。未経験者をそのまま養成する大手企業はあるものの、入社後すぐにハイヤー運転手になることはほとんどないため、まずはタクシー運転手としての実力を養う必要があります。

ただし、タクシー運転手からの転職の場合は、運転技能や経験を重視して配属される傾向がありま
す。

未経験でハイヤー運転手を目指す方は、資格取得支援や研修制度が充実したタクシー会社に入社するとよいでしょう。一部地域で必要な地理試験対策にも対応していれば、無理のない就業を目指せま
す。

ハイヤー運転手へキャリアアップできるタクシー会社がおすすめ

これからハイヤー運転手を目指すなら、東京都江東区の三陽自動車交通を選ぶのも選択肢のひとつです。ここからは、三陽自動車交通の魅力を紹介します。

三陽自動車交通ならハイヤー事業がある

三陽自動車交通ではタクシー事業とハイヤー事業の両方に対応していて、タクシー運転手からのステップアップが可能です。同じハイヤーでも、専属利用からジャンボハイヤー、福祉ハイヤーと複数の種類があるので、自分のスキルを活かした働き方ができます。

研修が充実しているから安心

三陽自動車交通ではお客様への最高級のおもてなしをモットーとしており、最高級のおもてなしを実現するための研修制度が充実しています。ハイヤー運転手としてのハイクラスの接客マナーや運転技術をしっかり学べるため、安心して就業を目指してください。

まとめ

ハイヤー運転手はVIPをお客様に、目的地までの安全で快適なサービスを提供する仕事です。未経験からなるにはハードルが高いものの、タクシーからのステップアップにおすすめです。 まずは未経験OKのタクシー会社からはじめて、将来的な就業を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。