三陽自動車交通の残業について紹介

「タクシードライバーは残業が多くて大変そう」と思っている方もいるのではないでしょうか。

タクシー業界の基本的な勤務形態である隔日勤務は、1回の乗務時間が長くなりますが、実際に残業することはほとんどありません。

今回は三陽自動車交通の勤務スケジュールを例に、乗務員の残業の実態について紹介します。

三陽自動車交通の残業は少ない

タクシードライバーは、夜間なども含めて長時間働いているイメージがあることから、残業が多いように思われがちですが、乗務員の労働時間に関しては厳しい規定が設けられているため、ほかの職種に比べて多いわけではありません。

三陽自動車交通でも、無理な残業は強制せず、ドライバー個人の働き方を尊重しています。

また、タクシードライバーの勤務形態は隔日勤務が一般的で、1日の乗務時間が長い代わりに翌日が休みとなります。原則として、1回の乗務での拘束時間は最大でも21時間以内、休憩は3時間が義務付けられており、隔日勤務の場合は月に13回より多く勤務することはできません。

タクシー会社の多くは、勤務時間が18時間で休憩が3時間必要になるため、実質の乗務時間は15時間です。つまり、18時間の拘束時間がある隔日勤務1回あたりの残業は、最大でも3時間までとなるのです。

残業が必要になったとしても、それ以上は法律上乗務できませんので、過度な拘束を強いられることはないでしょう。

ほかの職業やチームで動く仕事であれば、周りが残業しているときに自分だけが定時で帰るのは難しいかもしれません。その点、タクシードライバーは個人の裁量で仕事ができるため、残業を強いられることは少ない職種だといえます。

もちろん、退勤間際に長距離のお客様がいる場合など例外があれば残業も必要になるでしょう。それ以外にも、収入を増やすため自主的に残業する選択肢もあります。

三陽自動車交通での働き方をイメージしよう

勤務の例として、三陽自動車交通の乗務スケジュールを紹介しましょう。

隔日勤務であれば8時00分(出庫時間)~翌2時00分(帰庫時間)のスケジュールで、月に12〜13回の乗務です。翌日の休み以外に休日は交替制で月6~7日あります。

前述した一般的なタクシー会社と同じく、18時間の勤務で3時間は休憩になるため、実質の乗務時間は15時間です。もちろん強制的な残業はなく、個人のペースに合わせて働くことができます。

隔日勤務であれば月の半分は休みになり、希望によってはシフトを調整して3連休の取得も可能ですので、プライベートを充実させることもできるでしょう。

さらに、有給休暇や慶弔休暇もあるため、必要な休みはしっかりと確保できます。

三陽自動車交通は自由な働き方を尊重していますので、自身のペースに合わせてタクシードライバーとして活躍したい方はぜひご応募ください。

まとめ

タクシードライバーは残業が多いイメージを持っている方もいるでしょうが、実際には一般的な仕事よりも定時で帰りやすい職業です。

隔日勤務は拘束時間が長いものの、翌日は休みとなり、法律上も厳しい規制があるため過度な残業は強いられません。

自分のペースで働きたい方やしっかりと稼ぎたい方は、自由な働き方を目指せる三陽自動車交通で活躍してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。